AカップからHカップにあがった脅威のバストアップ方法とは

以前、某テレビ番組で話題になったバストアップのマッサージ方法がありました。
具体的には、60歳の女性が、36歳から取り組んだあるマッサージ方法で当初、Aカップだったのが、Hカップまで
サイズアップしたという驚愕の方法です。

 

バストアップにマッサージはいいの?

 

普通に考えて、整形もしないで
「バストが8サイズもアップするなんてありえない!」
と話題にもなりました。

 

彼女が実際にやった方法を解説しますね。

 

AカップからHカップにあがる脅威のバストアップマッサージとは?

 

1.まずは手の平を胸の前で合わせて押し、力を込める。
2.その後、息を吐きながら、胸の左右へ前へ動かす。

 

上記2つのエクササイズで、大胸筋とあわせて脇の筋肉が発達し
バストアップのための基礎ができてきます。
つまり、年齢を重ねても、バストトップが下がらないためにも
筋力づくりが大切ということ。

 

3.とろとろに脂肪が溶けると想像しながらマッサージ。
片腕をあげ二の腕の脂肪を柔らかくなるように
二の腕を5分ほどよーく揉み込む。

 

この二の腕の溶けた脂肪をバストに向かって
流すように寄せるようにマッサージ

 

これによって二の腕の脂肪が移動し
バストの脂肪へかえていきます。

 

 

上記を毎日欠かさず10分ほどやっていたら
バストの大きさが少しずつサイズアップしたのだとか。

 

マッサージってあなどれないんですね。

 

さらに、嬉しいのは、正しくやればお腹の脂肪も
同様にバストの脂肪に移動させることもできるのだとか。

 

 

4.お腹について
仰向けになり、軽くお尻を持ち上げる。
この状態で、お腹の脂肪をもトロトロをイメージしてもみほぐす。
もんで、やわらかくなった脂肪をお腹からバストへあげて
移動するようマッサージする。

 

脂肪を移動できるのは女性にとってうれしいことですし
実際脂肪は移動しやすいものなのは事実。

 

 

このマッサージを独自に編み出した吉丸さんは
たった1年でAカップからDカップまで4サイズアップしたのだとか。

 

また、「マリリン・モンロー」をイメージして行なっていたのだとか。
イメージも大事なんでしょうね。やはり。

 

ちなみに体質があっている人は
早い人は、1カ月でアップすることもあるそうですよ。

 

この話でもわかるように、バストアップについては
年齢はあまり関係ないんですよね。

 

仮に70歳の女性であっても
バストアップをすることができるというから、驚き!

 

実際に、36歳から60歳に至るまでに
8カップもバストアップしているわけですし
スタートした年齢は決して若くない。

 

これって、ものすごく嬉しい実例ですよね。